神戸市兵庫区の歯医者なら【くれもと歯科医院】へ。一般歯科からインプラント治療・歯周病・審美歯科・床矯正・ホワイトニング・予防など、口内・口元のお悩みならなんでもご相談ください。
|
  • HOME »
  • 審美歯科

審美歯科

素敵な笑顔になりたい方へ

「メラビアンの法則」というものがあり、初対面の人物を認識する割合は、

「見た目/表情/しぐさ/視線等」の視覚情報が55% 

「声の質/話す速さ/声の大きさ/口調等」の聴覚情報が38%

「言葉そのものの意味/話の内容等。」の言語情報が7%

と言われています。

また人物の第一印象は初めて会った時の3~5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ているとも言われています。

白い歯

人はその視覚情報をどこから得るのでしょうか?

明眸皓白という言葉をご存知でしょうか?

美女を表す表現で、美しく澄んだ目もとと、白く美しい歯並びの意味です。非業の死を遂げた楊貴妃ようきひをしのんで、唐の詩人杜甫とほが作った詩の語で、もとは楊貴妃の美貌を形容した語だそうです。「眸」は瞳のこと。「皓」は白くきれいなこと。

明るい眸(ひとみ)と皓(しろ)い歯が、美人の要件なのです。

ある研究によると、人が相手の顔を見るとき、一番視線が行くのが目で次が口だそうです。

また最近、イギリスのマンチェスター大学では、被験者になった男性50名に女性の写真を見せ、どのように視線が動いていくか眼球の動きを追うという研究が行われました。

その結果、男性が一番注目した女性の顔のパーツは「唇」で、最初の10秒間の内、何と約7秒もの間「唇」を見ていることが分かった。

他に男性が注目しそうな「目」についてはたったの0.95秒、髪を見る時間は更に短い0.85秒という結果だったそうです。

参考:Men are drawn to a woman’s lips more than any other facial feature | Daily Mail Online

この研究では前述の研究結果と異なり、男性が女性を見るときに限ってですが、相手の目よりもはるかに唇に視線を送ることがわかります。となれば、その唇から見える歯が美しくなければ魅力は半減すると思われます。

The best accessory a woman can wear is Her Smile.

アメリカにはThe best accessory a woman can wear is Her Smile.ということわざがあることを教えてもらいました。どんな高価な宝石やバッグなどよりも女性にとって魅力的なアクセサリーは彼女の笑顔であるという意味です。笑顔を大切にするアメリカらしい表現だと思います。

私は笑顔を作ることができる歯科医師という仕事に誇りを持っていますし、何歳になっても常に技術の研鑽を怠ってはならないと思っています。

近年では徐々に形成外科的な仕事が多くなってきています。従来の単に白い歯を被せるとか、ホワイトニングで歯を白くするといった仕事ももちろんあります。それに加えて、左右の歯ぐきの高さをそろえて歯の長さをそろえたい、ブリッジの歯のない部分の人工歯を自然な歯に見えるようにしてほしい、歯と歯の間の空間を狭くしてほしい等、より審美的な欲求が高くなってきているように感じます。

初診の時の問診票に「歯ぐきの移植希望」と書かれた患者さんもいます。時代は変わるのですね。

もしあなたが口元の美しさに関して諦めている点があれば、一度相談にいらっしゃられてはいかがですか?

今まででは治せなかったものが今では可能になっているかもしれません。

▲審美歯科のTOPへ

審美とは

歯科における審美とは何でしょうか

たとえ歯ぐきが真っ赤に腫れていても、できるだけ短期間に白い歯を入れることでしょうか?

審美歯科症例1

治療期間は短い方が良いのですが、歯ぐきが良い状態になっていないのに、かぶせ物をするのは問題があります。
また見えないところだからといって神経の治療を おろそかにしていると、将来再治療が必要になる率が高くなります。

審美歯科症例2

美しい口元は、
健康な歯ぐきの上に自然で美しい歯が生えている、いわゆる「健康美」でなければ意味がないと私たちは考えています。
口元の美しさは、歯と歯ぐきが口唇と調和が取れ、しかも顔貌とバランスが保たれた時に、初めて生まれます。

審美歯科症例3

美しい口元を作るにには、 様々なルールがあります。
そのため場合によっては、矯正・インプラント・歯周外科・再生治療などの、多彩なテクニックが必要とされます。

審美歯科症例4

お1人お1人の口元を、健康な状態で最大限にきれいに変えたい。
それによって患者様の幸福に役立てれば、私たちも嬉しく思います。

審美歯科症例5

▲審美歯科のTOPへ

ホワイトニング

ホワイトニング。
それは歯を削ったり、色を塗ったりしないで、歯を白くする方法です。

歯が白いということは、老若男女を問わず誰にでも、好印象を与えるのではないでしょうか。
ホワイトニングによって、あなたの笑顔をいっそう素敵にすることが簡単にできます。

ホワイトニングは、歯の中の着色物質を薬剤を使用して分解し、歯を白くします。
この方法はアメリカで開発され、長年の実績がありその安全性が証明されています。

2つの方法のホワイトニング

 ホワイトニングには、オフィスブリーチングとホームブリーチングの2つの方法があります。

●オフィスブリーチング
歯科医院で、専用の機械を使い特定の波長の光を当てることで、歯を白くする方法。

●ホームブリーチング
自宅で、薬剤を入れたマウスピースを着用して、歯を白くする方法。
まず歯科医院で歯型を取ってマウスピースを作成します。
次回来院時にそれを受け取り、自宅で2週間程度使用します。
専用の機械が要らない反面、時間がかかります。

★当医院では、どちらの方法にも対応しています。

しかし、診療室に入って1時間以内で白い歯でお帰りいただけ、しかも低価格のオフィスブリーチングが圧倒的に人気があります。

★ホワイトニングの料金を値下げしました。
一人でも多くの人にホワイトニングを提供したいと考え、この度、オフィスブリーチングを7,000円に値下げしました。

※但し、はじめての方は2~3回のホワイトニングが必要です。
ホワイトニングの効果が持続する期間は、その方の嗜好物、歯の構造などによって個人差があります。

ホワイトニング前と後1

歯ぐきの漂白

歯ぐきが黒ずんでいる方は、そこにメラニンが沈着しているのが原因です。
このメラニンを取り除いて、本来の歯ぐきの色を取り戻すことができます。
費用は10,000円です。詳細はお問い合わせください。

歯ぐきの漂白

▲審美歯科のTOPへ

白い歯の隠れたメリット

歯みがきをしている女性

歯が白いことには様々なメリットがあります

笑顔が美しくなるなどだれにでもイメージできるのではないでしょうか。しかし想定外のメリットもあって、そのひとつは肌がきれいに見えることです。何と白い歯はレフ板効果をもたらしてくれるとされています。

レフ板とは写真撮影などの際に光を反射させて集める道具を示していて、利用することによって肌を明るく見せる役割を果たしてくれるのです。

雑誌などで芸能人やモデルは元々美しくてもより素敵に見えるように工夫しています。テレビでもご年配の女優がインタビューに答えている際など、肌が不自然に白いと感じることがあると思います。その際に使用されているのがレフ板です。歯を白くすることで写真写りがよくなるなんて女性としてかなり嬉しいメリットです。

もちろん自身の見た目は男性も気になります。 営業職をされている方は、第一印象が大事だと言われています。第一印象は顔から与えられる資格情報が大半を占めると言います。その顔の中で最もインパクトを与えるのは、目と歯なのです。

笑う門には福来たる

また皆さんは笑う門には福来たるということわざをご存知でしょう。これは普段からニコニコしていると自然に幸福が訪れることを意味しています。笑うことで自身の気持ちも高揚すると思います。たとえ作り笑いでも効果があるようです。そのため笑うように意識して損することはありません。しかも口角が上がりますので表情筋を自然に鍛えることにも繋がります。20代も後半に差し掛かってくるとだんだん筋肉は衰えてしまうものです。もちろん表情筋も例外ではありません。若さをキープしたい人はたくさん笑ってみてはいかがでしょうか。

しかし歯に自信がないとなかなか笑うことができないと思います。ホワイトニングを施すことによって口元に自信ができると笑顔になりやすくなるのではないでしょうか。笑う量が増えると人が自然と集まってくると思います。その結果自分にも自信がついて積極性も出るなどよい影響がありそうです。

▲審美歯科のTOPへ

歯が汚れる原因

日本でも矯正をする方や審美的な治療を選ばれる方、定期的にホワイトニングを受ける方などが増えてきました。
費用も昔に比べ安いものが多くなり、利用しやすくなっています。

ここでは歯が汚れる原因を知り、美しい歯を手に入れることにお役立ていただければと思います。

歯を磨く女性2

喫煙によるもの

タバコのニコチンやタールを含むヤニは、歯の表面に沈着して歯を汚してしまいます。
またタバコのヤニが歯のエナメル質に染み込んでしまい、通常の歯磨きでは落とせなくなってしまいます。

コーヒー・紅茶・ワインなどの飲み物によるもの

コーヒーやワインの濃い色素は歯に沈着してしまい、何層にもなって歯の汚れとしてついてしまいます。
紅茶などの茶渋もそうです。白いコップに茶渋がついているのと同じように、歯にもついてしまうのです。
これらの汚れも歯磨きだけではなかなか落とせない汚れとなってしまいます。コーヒーや紅茶など、色の濃い飲み物を飲んだら、すぐに口をゆすいだり、水を飲んだりしてなるべく歯に沈着させないよう心がけましょう。

加齢によるもの

歯の内部には象牙質があり、その表面をエナメル質が覆っています。歯も加齢によってこの象牙質の色が変わっていくのです。若い頃の象牙質は淡いクリーム色をしていますが、年齢を重ねるにつれ、その色が濃くなっていきます。
表面にあるエナメル質も日々の食事や歯磨きによって薄くなっていくため、下にある象牙質の色が見えてきて歯が黄ばんで見えるようになります。

虫歯によるもの

虫歯になるとその箇所が黒っぽくなってしまいます。
歯に黒い箇所があるのは自分も気になりますが、やはり他人からも気になるものです。

詰め物の変色によるもの

虫歯治療のために入れた詰め物が、年数が経って変色してくる場合があります。保険の白い詰め物は吸水性があり、一緒に色素も取り込んでしまいますので時間がたつと変色することがあります。詰め物の色が合わなくなってきたら、それを替えるだけで口元がずいぶん明るくなる場合も多いです。

美しい歯を維持するためにも、歯医者で原因を解明しましょう。白い歯や歯並びの良い歯は、欧米ではかなり重要視される部分です。歯の健康は身体の健康にも大きく影響します。歯の手入れをきちんとされているということは、自分の健康管理をしようとしている、また身だしなみにも気を使っているという評価がされます。一度鏡で自分の歯の色をチェックしてみましょう。

▲審美歯科のTOPへ

保険で歯を白く治すには

外国人は、日本のサラリーマンが大きな口を開けて笑うのを見ると随分驚くそうです。
口の中に銀色の金属の歯が何本も入っていたり、針金式の入れ歯が入っていたりするので、ギョッとするのだそうです。

お口の中を銀歯だらけにしないで、しかも安く治療する方法がひとつだけあります。
それは、虫歯を初期の段階で治すことです。
現在の技術では、初期の虫歯であれば、保険の範囲内で白く治すことがほぼ可能です。

初期の虫歯は、症状がないことが多いです。
自分では気がつかない虫歯を検診で発見できれば、簡単に白く治せます。

痛くなってからでは、銀歯にするか高額な治療にするかの二者択一を迫られる可能性が高くなります。

究極の審美歯科は、予防歯科です。
虫歯にならないのが一番です。
どうぞ定期的に検診と予防にいらして、ご自分の口の中をきれいに保ってください。

一般歯科のページへ

お問い合わせはこちらへ

▲審美歯科のTOPへ

審美歯科 質問

1.ホワイトニング

■ホワイトニングは誰でも受けられますか?

A.ほとんどの方が問題なく受けられますが、効果の度合いや持続期間には個人差があります。
歯科医師による診査や診断により、ホワイトニングがあなたに適しているかどうかをお話します。


■ホワイトニングの効果はどれくらい持続しますか?

A.個人の歯質や生活習慣、年齢などによって大きく差が出るため一概には言えませんが、 4ヶ月~半年程度を目安にお考えください。
喫煙者やコーヒーや紅茶を愛飲する方は、効果が持続しにくいと言えます。
定期的なオフィスホワイトニングにより白さを持続することができます。


■ホワイトニングに副作用はありませんか?

A.副作用の心配はありませんが、治療中に知覚過敏が起こることが稀にあります。
これは一時的なもので、すぐに回復しますのでご安心ください。
もし痛みが何日も続いたり、ひどくなったりした場合はご相談ください。


■神経を抜いた後の歯を白くすることはできますか?

A.ホワイトニングができる場合もありますが、セラミック製のかぶせ物に交換するほうが良いことが多いです。


■差し歯の色がくすんできたのですが、ホワイトニングできますか?

A.差し歯・つめ物など人工物はホワイトニングでは白くできません。


■虫歯があってもホワイトニングできますか?

A.虫歯がある場合は、その部位によって先に虫歯の治療をした方が良い場合と、ホワイトニングの後に治した方が良い場合があります。
ただ見えるところの治療は基本的にはホワイトニングが先です。
よってホワイトニングをするかどうか迷っているときは、虫歯の治療の前にご相談いただいた方が良いでしょう。


2.その他の審美歯科

■保険診療と自由診療の違いは何ですか?

A.保険診療は費用が安いのですが、その代わり治療に使える素材と治療法が限られています。
自由診療は費用が自己負担になりますが、質の高い素材を選んで使うことができ、精度を高くできるので、 見た目にも美しい仕上がりを得られ、長期間それを保つことができます。


■前歯の差し歯の付け根が黒くなってきました。どうしたら良いでしょうか?

A.黒くなってきた原因が、虫歯によるものか、あるいはかぶせ物か土台の金属によるものかを判断をしなければなりません。
また金属片が歯茎の中に混入している場合もあります。原因によって治療法が異なりますので、ご相談ください。


■前歯の歯と歯の間に、隙間があります。歯を削らないと治せませんか?

A.歯と歯の隙間が3ミリ程度であれば、歯を削らず、セラミックでできたシェル状の形態をしたラミネートベニアで治療が可能です。
また矯正治療のほうがより適している場合もありますが、期間・費用などそれぞれ異なりますので、お気軽にご相談ください。


■テトラサイクリンによる着色があります。ホワイトニングで大丈夫でしょうか?

A.着色の度合いによって異なります。第1度、第2度であればホワイトニング、第3度、第4度であれば、その歯の状況によって異なりますが、ラミネートベニアあるいはセラミッククラウンで治療されたほうがきれいに仕上がります。


■歯の奥歯に銀歯が入っています。白くできますか?

A.銀歯の部位により、保険でもある程度きれいに治る場合と、自費治療でないと無理な場合がありますので、ご相談ください。


■歯ぐきの色が悪いのですが、健康的な色になりますか?

A.メラニン色素の沈着の場合は、比較的簡単に治ります。
きれいになった後は時間とともに徐々に戻りますが、その時でももちろん再治療は可能です。


■前歯のつめものが変色しているのですが、治せますか?

A.前歯につめる材料は、通常コンポジットレジンといって白いプラスティックを用います。この方法ははじめはきれいなのですが、時間がたつと徐々に変色してしまいます。
その場合も、つめなおせば治ります。


■つめものを長くもたせる方法はありますか?

A.セラミックのラミネートベニヤにすれば、変色することなく、美しさを保つことができます。

▲審美歯科のTOPへ

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ