タバコがもたらす悪影響~ニコチンの害について~

最近ではタバコがもたらす体への影響や、たばこの値上がりなどもあり、喫煙者の人は昔に比べれば減ってきています。

ただ、紙タバコよりも害が少ないと言われている電子タバコが普及してきているのも事実です。

今回はタバコの中に含まれるニコチンとお口の影響についてお話しします。

喫煙

電子タバコにもニコチンは含まれる

電子タバコは紙タバコよりも体への影響は少ないと言われていますが、中毒性のあるニコチンの量はさほど変わりません。

では、ニコチンにはどのような害があるのでしょうか。

ニコチンは歯茎の炎症を起こしやすくなる

ニコチンは炎症性物質の産生を促す作用があります。

また、ニコチンにより活性酸素や一酸化窒素が作られ歯茎の細胞が酸化し、しだいに老化していきます。

ニコチンによって歯茎の弾力が失われる

歯茎の内部は弾力のある組織をしています。

しかし、ニコチンは歯茎内部の角化を進行させ、歯茎から弾力を失わせます。

そのため、角化してしまった歯肉内部の細胞は血流が悪くなり、栄養の供給や、老廃物の排出の除去機能が低下します。

血流が悪くなることで歯周病の進行に気づきにくい

歯周病が進行してくると、歯肉からの出血などが見られます。

しかし、ニコチンの作用により歯肉の血流が悪くなると、酸欠状態となります。そのため、歯周病の進行での出血の量が少なくなるため、健康な歯茎と勘違いして、歯周病の進行に気づかないことがあります。

ニコチンの影響で歯根膜も弱くなる

歯根膜とは、歯の根の表面と歯を支えている骨の間にあるクッションのような役割をしているものです。

この歯根膜もニコチンの影響で弱くなり、歯から剥がれやすくなってしまいます。

ヤニとなり歯に着色する

ニコチンの影響はヤニという形で歯の表面に残ります。

そのため、歯の表面がざらつき、着色やプラークが付着しやすくなり、歯肉炎や歯周病、虫歯の原因にもなります。

ヤニが付着すると審美的にもきれいな歯とは言えないですよね。

もう一度考えてみましょう

このように、タバコの中の成分のニコチンには、お口への様々な悪影響があります。

そのため、よくタバコを吸われる方は、お口の中を今一度よく観察してみてください。

タバコを控えることで改善することもあるかと思います。

前の投稿

前歯は大事?~前歯の役割ってなに~

前歯は大事?~前歯の役割ってなに~