神戸市兵庫区の歯医者なら【くれもと歯科医院】へ。一般歯科からインプラント治療・歯周病・審美歯科・床矯正・ホワイトニング・予防など、口内・口元のお悩みならなんでもご相談ください。
投稿

口や歯に関する悩み

口元や歯に関する悩みをお持ちの方へ

口元・口の中、歯に関する悩みを抱えている人は多いと思います。歯並びや虫歯、歯周病、入れ歯やブリッジなど、様々な悩みを抱えていることでしょう。

このような悩みを抱えていていは存分に食事が楽しめなかったり人と話すことに抵抗が生まれたりします。また、問題をそのままにしておくと歯が抜けて落ちてしまい二度と元に戻らないという結果になることも考えられるのです。

一度抜け落ちてしまった歯は生えてくることはありません。大切な歯が抜け落ちてしまわないためにも日頃からしっかりとメンテナンスをする必要があります。

大切な歯が抜け落ちてしまわないために

私が常日頃から思っていることは、当院に初めて来院されてお口を拝見させていただいた時に、残念ながら手遅れであることがあまりにも多いことです。でもそれは当たり前のことで、症状がなければ病院には来られないからです。でも症状が出てからでは手遅れなことが多いのです。

また自覚症状が出たごく初期に来院いただければ助かったかもしれないのに、放置しておいたがために時機を逸してしまった場合も多々あります。風邪とかおなかが痛いのであれば、症状が出ても自然に治癒することがあります。しかし虫歯で歯に穴が開いたり、歯周病で失われた歯の周りの骨が、自然に元に戻ることは絶対にないのです。

異常を感じたら早めにご来院を

ですからどうか、異常を感じたら早めにご来院してください。そして既に問題があるところは良い機会ですから、症状のないところもすべて治しましょう。

治療後は、再発防止と良い状態を維持するために定期的に検診とクリーニングを受けてください。当院には10年20年とメンテナンスにこられている方がたくさんおられますが、やはり定期的に来院くださる方は悪くならない、あるいは悪化のスピードが遅いということを実感しています。

またどこも悪く無い方でも、例えば矯正をすれば歯並びがよくなるだけではなく、口元の印象もよくなります。近年ではホワイトニングだけにこられる方も多いです。逆に歯ばかりが白くなっても歯ぐきが真っ赤だとどうでしょうか。効果的な歯周病治療のプログラムを受けていただくことで、健康とともに引き締まった薄いピンクの歯ぐきという健康美も手に入れることができます。

歯科医院をうまく有効活用していただくことをお勧めいたします。

また一度相談だけしたいと思われる方は、メールにて相談も受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

→無料メール相談

▲口や歯に関する悩みのTOPへ

口元を悪くする生活習慣

第一印象が大事

人は、第一印象が大事と言われます。なぜなら、一度抱いた印象は簡単に覆すことができないからです。したがって、常に身だしなみを整えることや清潔さを保つことが大切です。第一印象の良さをアップさせる要素はいろいろありますが、その1つに美しく健康な口元が挙げられます。きれいな口元は健康的な口内環境から生まれます。

おしゃれな服を着て、ヘアセットやメイクがバッチリでも、歯の汚れや口臭がキツいとイメージダウンしてしまいます。人とコミュニケーションをとる時最初に目元を見て、次に口元を見ると言われています。したがって口内環境が整っていないと、悪い印象を与えてしまうことになるのです。

口内環境を悪くする様々な生活習慣

こちらでは口内環境を悪くする様々な生活習慣を紹介するので、当てはまることがあれば改善に取り組みましょう。

一つめが柔らかいものばかり食べる食生活、栄養バランスが偏った食生活です。歯ごたえがあまり無い柔らかいものばかり食べていると顎の筋肉が弱り、口元のバランスが崩れてしまう原因にもなります。それから糖分の多い食事をとると歯垢の増殖に繋がり、歯周病になってしまう可能性があります。 特に子供さんは前歯でしっかり固いものを咬むことが、前顔面の成長を促します。また顎の発育も促すので歯並びもよくなります。

白い歯美しく健康な口内環境を目指すのであれば、栄養バランスを考えた様々な食感の食べ物をバランス良く食べることを心掛けましょう。二つめに、見た目の面からタバコやコーヒー、お茶など歯の黄ばみや着色の原因となるものを控えることです。ヤニやステインが歯のエナメル質を変色させて黄ばんでしまうので、なるべく控えたほうがいいでしょう。

それから三つめに、歯ぎしりを改善することです。歯ぎしりは歯に強い圧力をかけているので、様々なトラブルを招きます。歯並びや咬み合わせにも影響を及ぼすことが考えられるので、治療を受けることをおすすめします。

最後に美しい口内環境を手に入れるためには、歯科医院での定期健診やケアが欠かせません。若々しく美しい口元を保つためのお手伝いをさせていただきます。

▲口や歯に関する悩みのTOPへ

歯が抜けた状態のまま放置する害

歯が抜けままにしていると、、、

歯が抜けてしまい放置している人は多いと思います。ほかの歯で咬めるし、問題ないから入れ歯などは必要ない、抜けてしまったけどあまり目立たない部分だからそのままで良いなど、様々な理由から抜けた状態で放置していることでしょう

歯はたくさんあるから、1本くらい抜けても大丈夫でしょうか?では手足の指は20本あるから1本くらいなくても平気ですか?

歯が抜けたままはとても危険です。歯は、指のように1本1本動くことはないのですが1本1本役割があります。それぞれの役割を果たすことで全体が機能するのです。緻密に全体のバランスの中で成り立っているものなので、1本でも失ってそのままは良くありません。

・虫歯や歯周病のリスクが上がる
・抜けた歯の隣の歯が傾いてしまう
・対合の咬み合う歯が伸びてしまう
・咬み合わせが悪くなる
・顔の輪郭が歪んでしまう
・歯ぐきの位置が下がる
・発音がうまくできない
・しっかり咬めないので胃腸などの消化器官に負担がかかる

など、このような悪影響が生まれてしまうのです。そのため、失ったままの状態は良くないのです。

一本だけの治療で済むものが、時間がたつと複数の歯を治療しなければならなくなります。抜けてしまったらすぐに治療法を考えましょう。

▲口や歯に関する悩みのTOPへ

歯科で使われる様々な専門用語

歯医者さんへ行ったとき、「この言葉ってどういう意味だろう」と疑問を持ったことはありませんか。医療関係者の間では日常的に使用されている用語も、患者さんからすればさっぱり意味が分からないものではないでしょうか。

歯医者さんで使われる様々な専門用語

そこでこちらでは、歯医者さんで使われる様々な専門用語の一部をご紹介しますので、ぜひ役立てていただければと思います。

印象(いんしょう)

歯医者さんに行ったことのある方の中には、冷たくて軟らかいピンク色の物体を口の中に入れて型取りをした経験をお持ちではないでしょうか。このように型を取ることを印象といいます。この型をもとに石膏模型が作られ、その上で詰め物、被せ物や入れ歯が作られます。

インレー

虫歯の治療のために削った部分に埋める小さな詰め物のことです。
保険適用と保険適用外で使用される材料が変わります。

インプラント

欠損部位に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を作る治療のことです。
咬む機能や審美性などを回復させます。

縁下・縁上(えんか・えんじょう)

それぞれ歯茎より下と上を指し、そこにある歯石を「縁下歯石・縁上歯石」といいます。縁下歯石は黒くて固いという特徴があります。縁上歯石は主に白っぽくて軟らかめです。

嘔吐反射(おうとはんしゃ)

口腔内に触れただけで反射的にえづいてしまうことです。せきやくしゃみのように反射的に起こってしまうため、本人の意思では止められません。酷いときには、歯ブラシもままならない方や歯医者さんでの治療を想像するたけでえづく方もいらっしゃいます。

顎関節症(がくかんせつしょう)

顎の機能障害のことです。
大きく口が開かない、食べるときに顎の関節が痛い、口を開閉するときに音がするなどの症状が現れます。

CR(シーアール)

白いプラスチックの詰め物のことです。
ごく小さな虫歯の治療に用いられます。コンポレットレジンの略です。

バイト

歯の咬み合わせのことです。咬み合わせの状態を記録することを「バイトを取る(咬合採得)」といい、咬み合わせが高いことを「バイトが高い」といいます。

パントモ

歯列全体を撮影するパノラマ型のレントゲンのことです。
それに対して2・3本の歯を撮影するレントゲンは「デンタル」といいます。

ホワイトニング

歯を白くする治療のことです。大きく分けて歯医者さんで行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。 どちらも歯の表面に薬剤を作用させることにより、歯を漂白します。

 

兵庫区にお住まいで歯医者さんをお探しの方は、どうぞ当院をご利用ください。
治療中に疑問に思った専門用語も親切丁寧にお教えいたします。遠慮なくご質問ください。無料メール相談も実施中なので、ぜひ活用してください。お待ちしております。

メール相談はこちらへ

▲口や歯に関する悩みのTOPへ

歯医者が好きですか

苦手な歯医者

子供の頃には歯医者に行きたくないと親に抵抗した経験のある方もいるのではないでしょうか。

多くの方が苦手だとされています。あるアンケート調査によると嫌いな傾向にある方が61パーセントと大多数を占める結果となっていました。普通と答えた方が31パーセントで好きな方は7パーセントと圧倒的に少ないです。

しかし1パーセントの方は大好きと回答しているようで人の感覚は千差万別であることを表していると思います。非常に個性的な方なのかもしれません。

行きたくない理由

行きたくない理由としては、痛いと思っているからではないでしょうか。大人でもどうしても行きたくないと、ぎりぎりまで我慢している方もいるくらいです。しかし何十年も治療を受けていないなら現在の歯医者は以前と違っています。

医学は日々進歩しています。そのため治療技術は確実によくなっていると思います。患者さんへの負担も年々少なくなっていますので、勇気を振り絞って訪れてみてください。

一回目の治療に来られた後、こんな程度ならもっと早く来ればよかったといわれる方が大半です。また問診票に「痛いのが嫌!」と目立つように書いてください(笑)心がけます!

心配なら先にメールで相談いただいても結構です。

▲口や歯に関する悩みのTOPへ

PAGETOP