CTスキャナーとは

◇CTスキャナー

CTとは、コンピューター断層撮影(Computed Tomography, CT)のことで、CTスキャナーとは、X線とコンピューターを駆使し、 人体の輪切り(断面)写真を “撮像”する ことができる装置です。

CTスキャナーによるインプラント診断

◇CTスキャナーを使った診断のメリット

インプラント治療を安全に行うことができます

パントモX線写真は、平面(二次元)での顎の骨や神経の走行の状態が分かりますが、それだけでは奥行き(三次元的な情報)が分かりません。
CTを使って三次元的に顎の状態を診査する事により、安全かつ適切な位置や方向へインプラントを埋め込む事が可能となります。

血管や神経の通っている管あるいは上顎洞の位置を正確につかめます

インプラント手術においてインプラントを埋め込む位置、方向及び長さは顎の骨の中を走っている血管や神経を避けなければなりません。
また上顎は上顎洞までの距離の把握が重要です。
CTスキャナーによる診断で術前の治療計画を適切に行うことができ、危険を回避することができます。

▲インプラントのTOPへ