現代の食生活で親知らずは不必要だとする声もあり、実際に生まれつき親知らずがないまま健康的な生活を送っている方も多いです。親知らずは歯ブラシが届きにくく、磨き残しが多くなりがちな箇所です。完全に埋まっている、もしくは真っ直ぐ生えており手入れも行き届いているのなら残しておいても問題ありませんが、いびつな生え方をしているのなら抜歯したほうが賢明です。状態を把握せずに放置しておくと様々なトラブルの誘因となります。

虫歯や歯周病になる

特に下の親知らずは、埋もれていたり斜めに生えていたりするので、手前の歯との間の清掃が困難な場合が多いです。親知らずが虫歯になれば抜けばよいのですが、手前の歯が虫歯になってしまうと、不要な親知らずをおいておいたばかりに、必要な手前の歯が悪くなることになり、本末転倒です。

また同様に、親知らずと手前の歯の間は磨きにくいので、手前の歯が歯周病にかかり、将来抜歯になる場合も多いです。親知らずがある方は一度、おいていた方が良いのか抜いた方が良いのか、相談されてはいかがでしょうか。

下の一番後ろの歯ぐきの痛みの原因となる

上の親知らずが正常に生えていて、下の親知らずが埋もれているケースがよくあります。また、歯というのは咬み合う相手がいないと伸びてくる性質があります。よってその場合は上の親知らずに咬み合う歯がないので徐々に伸びてきて対合の歯ぐきを咬むようになるため、そこが腫れたり痛くなったりする場合が多いのです。下の親知らずが痛くなる原因の多くは、上の親知らずの咬み込みによるものです。その場合は先に上の親知らずを抜きます。

歯並びが悪くなる

日本人は顎が小さいと言われており、親知らずが生えてくる際、顎のスペースに余裕がない方がとても多くいらっしゃいます。親知らずが無理に生えてこようとすることにより、前の歯列が圧迫されます。
これによりドミノ倒しのように健全な歯並びを乱してしまい、歯が少しずつ移動してしまいます。
親知らずは抜いてしまえばそれで終わりですが、いったん悪くなった歯並びを直すのはとても根気がいるものなので、早めの処置が肝心です。
矯正治療の終了前には親知らずを抜くのが 一般的です。それは矯正後の後戻りを防ぐためです。
逆に考えれば、今歯並びがよい人でも将来悪くならないように、親知らずが歪んで生えている場合はあらかじめ抜いたほうがよいでしょう。

神戸市兵庫区歯科医院をお探しの方は、当院にご相談ください。当院では、歯周病予防も含めた総合的な歯科医療を提供いたします。ご不明な点や心配なことなど、親身になって対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
当院のアクセスは、神戸市営地下鉄湊川公園駅・神戸電鉄湊川駅から徒歩2分、JR神戸駅からも徒歩12分となっておりますので、兵庫区のみならず近隣の方のご来院もお待ちしております。

▲一般歯科のTOPへ