「メラビアンの法則」というものがあり、初対面の人物を認識する割合は、

「見た目/表情/しぐさ/視線等」の視覚情報が55% 

「声の質/話す速さ/声の大きさ/口調等」の聴覚情報が38%

「言葉そのものの意味/話の内容等。」の言語情報が7%

と言われています。

また人物の第一印象は初めて会った時の3~5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ているとも言われています。

白い歯

人はその視覚情報をどこから得るのでしょうか?

明眸皓白という言葉をご存知でしょうか?

美女を表す表現で、美しく澄んだ目もとと、白く美しい歯並びの意味です。非業の死を遂げた楊貴妃ようきひをしのんで、唐の詩人杜甫とほが作った詩の語で、もとは楊貴妃の美貌を形容した語だそうです。「眸」は瞳のこと。「皓」は白くきれいなこと。

明るい眸(ひとみ)と皓(しろ)い歯が、美人の要件なのです。

ある研究によると、人が相手の顔を見るとき、一番視線が行くのが目で次が口だそうです。

また最近、イギリスのマンチェスター大学では、被験者になった男性50名に女性の写真を見せ、どのように視線が動いていくか眼球の動きを追うという研究が行われました。

その結果、男性が一番注目した女性の顔のパーツは「唇」で、最初の10秒間の内、何と約7秒もの間「唇」を見ていることが分かった。

他に男性が注目しそうな「目」についてはたったの0.95秒、髪を見る時間は更に短い0.85秒という結果だったそうです。

参考:Men are drawn to a woman’s lips more than any other facial feature | Daily Mail Online

この研究では前述の研究結果と異なり、男性が女性を見るときに限ってですが、相手の目よりもはるかに唇に視線を送ることがわかります。となれば、その唇から見える歯が美しくなければ魅力は半減すると思われます。

The best accessory a woman can wear is Her Smile.

アメリカにはThe best accessory a woman can wear is Her Smile.ということわざがあることを教えてもらいました。どんな高価な宝石やバッグなどよりも女性にとって魅力的なアクセサリーは彼女の笑顔であるという意味です。笑顔を大切にするアメリカらしい表現だと思います。

私は笑顔を作ることができる歯科医師という仕事に誇りを持っていますし、何歳になっても常に技術の研鑽を怠ってはならないと思っています。

近年では徐々に形成外科的な仕事が多くなってきています。従来の単に白い歯を被せるとか、ホワイトニングで歯を白くするといった仕事ももちろんあります。それに加えて、左右の歯ぐきの高さをそろえて歯の長さをそろえたい、ブリッジの歯のない部分の人工歯を自然な歯に見えるようにしてほしい、歯と歯の間の空間を狭くしてほしい等、より審美的な欲求が高くなってきているように感じます。

初診の時の問診票に「歯ぐきの移植希望」と書かれた患者さんもいます。時代は変わるのですね。

もしあなたが口元の美しさに関して諦めている点があれば、一度相談にいらっしゃられてはいかがですか?

今まででは治せなかったものが今では可能になっているかもしれません。

▲審美歯科のTOPへ