外国人は、日本のサラリーマンが大きな口を開けて笑うのを見ると随分驚くそうです。
口の中に銀色の金属の歯が何本も入っていたり、針金式の入れ歯が入っていたりするので、ギョッとするのだそうです。

お口の中を銀歯だらけにしないで、しかも安く治療する方法がひとつだけあります。
それは、虫歯を初期の段階で治すことです。
現在の技術では、初期の虫歯であれば、保険の範囲内で白く治すことがほぼ可能です。

初期の虫歯は、症状がないことが多いです。
自分では気がつかない虫歯を検診で発見できれば、簡単に白く治せます。

痛くなってからでは、銀歯にするか高額な治療にするかの二者択一を迫られる可能性が高くなります。

究極の審美歯科は、予防歯科です。
虫歯にならないのが一番です。
どうぞ定期的に検診と予防にいらして、ご自分の口の中をきれいに保ってください。

一般歯科のページへ

お問い合わせはこちらへ

▲審美歯科のTOPへ