当院ではありがたいことに、小さな子供さんからご年配の方までいろいろな年代の方に来ていただいております。

患者さんによっては2歳になる前からずっと定期検診に来ていただいていて、大人になるまで幸い1本も虫歯にならずにすんでいる方も多いです。

きれいな歯並びをプレゼント

一方歯並びに関しては、必要な人には時機を見て矯正の話を保護者の方にします。しかし多くの方が、子供さんにきれいな歯並びをプレゼントしてあげたくても、経済的理由で断念するのを見てきました。

私は開業当初からずっと一般矯正を行っていました。私は矯正専門医ではないので、それよりは価格設定を低くしてあるのですが、それでも高価な治療です。歯並びは遺伝の要素が多いので兄弟すべてにしようとすると、いったい何人の人が矯正治療を享受できるのだろうか、と疑問に思っていました。

 girl-boy

実は床矯正は開業当初に手掛けたことがあったのですが、今ほど手技が発達しておらず成績が良くなくて中止した経緯があります。

しかし、前述したように何とか一人でも多くの子供さんの歯並びをきれいにしていい笑顔になってほしくて、東京の鈴木設矢先生に師事し平成21年より床矯正を再開しました。

その際、検査料もいれて上下の床矯正で20万円+消費税に治療費を設定しました。

一般的な矯正が60万円から100万円くらいかかることを考えるといかに安いかがわかっていただけると思います。月々の管理料も格安にしてあります。

床矯正だけでは無理でワイヤーが必要となる場合でも一般矯正に比べるとはるかに安く設定してあります。

また床矯正は治療期間が長いので、少額づつ分割してお支払いいただくことも可能です。

もちろん金利は不要です。

下の永久歯の前歯が生えたころに歯科医院へ

最後にお願いなのですが、ほとんどの方が子供の大人の歯がいがんで生えてきてからびっくりして歯科医院に連れて来られます。でもそれが八重歯(犬歯)だと床矯正には手遅れなのです。

一番良いのは下の永久歯の前歯が生えた段階で少しでも重なっていたらすぐに連れてきていただくことです。あるいは乳歯列のうちから虫歯の治療や定期検診に来ていただいていれば、矯正の必要があれば適切な時期にお話しさせていただくことが可能です。

それが子供さんも楽ですし、費用も安く済む方法です。