神戸市兵庫区の歯医者なら【くれもと歯科医院】へ。一般歯科からインプラント治療・歯周病・審美歯科・床矯正・ホワイトニング・予防など、口内・口元のお悩みならなんでもご相談ください。
|

床矯正

床矯正とは

くれもと歯科医院では、健全な歯列育成と美しい口元のために矯正治療も行っています。

一般的な矯正は、多くの場合、永久歯を何本か抜歯します。
そして残りの歯に、ワイヤーをかけ力を加えることによって、歯を移動して治療します。

2つの矯正に対応

床矯正とは、歯を抜かずに顎を拡げることにより歯を動かす場所を作ることです。
当院ではどちらの矯正にも対応しております。
一般的に歯並びが悪いというのは以下のようなものがあります。

●叢生 乱杭歯のことです。八重歯も含みます。
●反対咬合 反対咬合 うけ口。下の前歯が上の前歯より前にある状態。
●上顎前突 上顎前突 いわゆる出っ歯。
●開口 開口  上下の前歯がかみ合わない状態。

この中で日本人に最も多いのが叢生です。
叢生とは、歯の大きさに比べて顎の大きさが足りないため、歯が重なって生えている状態です。
この場合は、成長発育期に適切なタイミングで顎を拡げてあげることができたならば、自然にきれいな歯並びになった可能性があります。

私はかかりつけ医として、
場合によっては患者さんが赤ちゃんの時からずっとお口の健康を管理させていただいております。
その場合、虫歯の管理は保護者の方との共同作業でうまくいくことが多いです。
しかし、歯並びが悪くなるのを矯正することなしに防止することはできません。

ただ一般的な矯正治療は高価であり、また前述したように永久歯を抜かなければならないこともあって、すべての患者さんにお勧めできるわけではありません。

床矯正治療は、一般矯正治療と違って歯を抜くことなく、またはるかに安い費用できれいな歯並びを得ることができます。

もちろん床矯正で治すことができるのは一部ですが、もしそれに該当すれば、非常に効果的な治療法だと考えています。

床矯正治療の例

▲床矯正のTOPへ

床矯正治療方法

床矯正は「歯を抜かずにアゴのスペースを拡げて歯を動かす場所を作る」と述べてまいりましたが、こちらでは一体どうやってアゴのスペースを拡げるのかをご説明させていただきます。

抜かない歯医者さんの矯正の話

このページは私も所属しております「床矯正研究会」を主宰されておられる 鈴木設矢先生著の「抜かない歯医者さんの矯正の話」より、その内容の多くを引用・転載させていただいております。
「抜かない歯医者さんの矯正の話」にご興味のある方は、お近くの書店にお問合せ下さい。

◇床矯正治療の大まかな過程

(図は上アゴ治療のイメージです。)

アゴ治療のイメージ
STEP1

まずはカウンセリングを行い、治療方針を決定します。こちらの場合は上アゴが小さく、行き場を失った歯が色々な場所へ並んでいます。

「床矯正装置」を装着

STEP2

土台となる上アゴを拡げるため、「床矯正装置」を装着します。ネジを回すことで前後・左右に「床」が動きアゴを拡げます。歯を動かす力はネジで調整できますので、ほとんど痛みを感じることはありません。

スプリングを装着

STEP3

充分に上アゴが拡がったのち、前歯を前方に押し出すためのスプリングを装着します。従来の「矯正」と違い、動いた経験のある歯をスプリングにより理想的な位置へ誘導するこちらの方法では、ほとんど痛みを感じることはありません。

治療完了

STEP4

治療完了です。充分に拡がったアゴは、歯を本来の位置に収め、立体感のある顔を形成し、整った歯列は美しさだけでなく、ムシ歯予防や歯周病予防にもつながります。

上図の通り、プラスチック製の床矯正装置が歯全体を前後・左右に押し拡げることでアゴ骨が拡大します。
図ではわかりやすくするため黄色にしておりますが、実際の装置は  左のような歯グキの近似色でそれほど目立ちません。
入れ歯のようにご自分で脱着可能ですので、例えば大勢の前で話す機会があるとか、音楽の時間に歌を唄うのに邪魔になるなど、ご自分の判断で外すことが可能です。

プラスチック製の床矯正装置

床矯正の代表的な手順と、従来の方法との比較図

床矯正の代表的な手順と、従来の方法との比較図

注意書

▲床矯正のTOPへ

床矯正のメリット・デメリット

床矯正は、すべての人にむいているわけではありません。(→床矯正にむいている人)でもこの治療が可能な人には大きなメリットがあります。ここでは一部内容が他のページと重なりますがメリット・デメリットについてまとめてみます。

girl004

メリット

・歯を抜かなくて済む

顎の大きさが小さくて歯がきれいに並ばないときは、一般的に上下左右の第1小臼歯を抜いて、少ない歯を小さな顎に並べます。それに対して床矯正では顎を広げることができるので、奥歯に問題がない場合はほとんど抜歯をしなくて済みます。

・費用が安い

床矯正は、永久歯が生える前にあらかじめ顎を広げてスペースを作ろうという方法です。よって1本1本の歯を動かすわけではないので、費用は安く済みます。

費用については、1装置いくらという設定の医院も多いようですが、それだといったい総額いくらかかるかわからないという問題があります。

当院では、検査料もいれて上下の床矯正でトータルかん20万円と消費税の治療費と月々の管理料、に治療費を設定してあります。これは費用を安くすることで、一人でも多くの子供さんの歯並びをきれいにしてあげたいという思いで、可能な限り安価に設定いたしました。

一般的な矯正が60万円から100万円くらいかかることを考えるといかに安いかがわかっていただけると思います。

→私が床矯正を始めたわけ

・患者さんの苦痛が少ない

床矯正は個々の歯を動かすわけではないので、痛みはほとんどありません。顎を広げるときに部分的に顎に強く当たっていたくなることがありますが、それは装置を少し削ることで改善します。

・必要な時には外せる

一般矯正のブラケットは歯に接着していて当然外せないのですが、床矯正装置は取り外しの装置です。食事のときにははずしますし、体育の授業や音楽の授業など外したほうがよいときは一時的に外すことは可能です。

・歯を磨きやすい

上記の項目と関連するのですが、装置を外して歯を磨くことができるので、一般矯正に比べると圧倒的に歯を磨きやすいです。

・口の中の容積が大きくなる

抜歯して矯正する場合は、口の中が狭くなる傾向があります。舌の運動のための十分なスペースがなく問題となることも多いです。一方床矯正では顎を広がることで口の中の容積が大きくなり、舌のためにも審美的にもよくなります。

デメリット

・治療期間が長い

矯正治療はどんな治療であろうと、きれいに並んですぐに装置を外すと後戻りします。

よって治療が終わった後に一定期間(保定期間)固定しておく必要があります。

床矯正では永久歯があまり生えていないうちに始める方が好ましいです。また治療終了は永久歯が生えそろってから保定期間を1~2年必要としますので、ざっと7歳から14歳くらいの間装置を入れ続ける必要があります。これはまず顎を広げてから生え替わりを待つという治療の性質上、どうしても時間はかかります。

・個々の歯の移動ができない

床矯正では一本一本の歯を動かすわけではないので、小矯正後にワイヤーが必要になることもあります。ワイヤーが必要となるケースは主に次の4点です。

・開始時期が遅すぎる
・奥歯の咬み合わせがわるい
・生える前の元々の永久歯がいがんでいる
・大体見栄えが良くなったが、さらに綺麗にしたい

ワイヤーが必要となっても、すでに歯が並ぶスペースができているので簡単な処置で済むことが多く、当院ではできるだけ保護者の方の経済的負担が減るように安価に設定してあります。ワイヤーを入れたとしても一般矯正よりはるかに安いです。

・異物感が多い

口の中に大きな装置を多くの場合上下に入れますので、最初は異物感が多いです。しかしながら対象となるのが子供さんのことが多いので、早期に慣れることが大半です。

・治療効果が確実でない

ワイヤーを入れる一般矯正では取り外しができないので、ある意味通院さえしていただければ確実に治ります。しかし床矯正は取り外しなので、はめていただかなければ絶対に治りません。男児で途中ではめてくれなくなり、治療を中止したことが今まで2例あります。

床矯正にむいている人

前述したように、床矯正は子供さんの負担も少なく、保護者の経済的負担も少なくすむ非常に優れた方法です。また多くの場合永久歯をぬかずにすむのも大きなメリットです。

→床矯正のメリットデメリット

しかしどの人にも床矯正が適しているわけではありません。

床矯正が最も効果を発揮するのは、6歳から8歳までの奥歯の咬み合わせに問題がない子供さんです。

少女

治療の開始時期

まず治療開始時期から説明します。

床矯正でない一般矯正は、何歳からでも可能です。当院でも歯周病予防のため、あるいは咬み合わせの改善のため年配の方に矯正をすることがよくあります。

しかし永久歯にブラケット(歯に接着する矯正装置)をつけて、それにワイヤーを通して治療するわけですから、永久歯がほぼ生えそろってないとできません。

一般の矯正医に行くと「10歳半~11歳まで待ちましょう」と言われるのはそのためです。

しかし床矯正のコンセプトは「顎が小さくて歯が入りきらないから乱杭歯や八重歯になる。だから永久歯が生える前に顎を大きくしましょう。」ということです。よって永久歯がまだあまり生えてない時期に開始するのがベストです。永久歯がいがんだまま生えそろった後に床矯正をしても、ガタガタの歯が並んだ顎が広がるだけです。(→床矯正 質問)

咬み合わせについて

次に奥歯の咬み合わせについて説明します。

床矯正が得意なのは、左右に顎を広げることです。なので奥歯が前後的にずれている場合は、床矯正だけで治すことは難しいです。

当院でも「出っ歯を治してほしい」と来院される方が多くいらっしゃいます。出っ歯の原因はは、ほとんどの場合上の奥歯が前にある、あるいは下の奥歯が後ろにあるから、そのしわ寄せで上の前歯が下の前歯より出てしまうのです。よって「前歯だけ治して見栄えを良くしてほしい」というのは不可能であることが理解していただけると思います。

逆に前歯が生える前でも、奥歯の咬み合わせを見れば前歯が出っ歯になるかどうかは予測できます。

いずれにせよ奥歯の咬み合わせが悪い場合は、床矯正だけでは治療は難しく、床矯正をしてからワイヤーを入れることが多いです。その場合は、上の第一小臼歯2本を抜歯するか、矯正用のインプラントを使用するかの選択になります。

詳細は矯正用の検査をした後に、お一人お一人に最も適した治療法をお話しします。

床矯正関連費用

くれもと歯科医院での床矯正関連の費用について

基本的には、診査診断・相談料と床矯正費用と月々の管理料が必要です。
また床矯正終了後にワイヤーの装着が必要な場合は、別途料金が必要です。

床矯正費用は、装置一個につきいくら、という費用設定が一般的です。
ただ、それでは治療のトータルコストがいくらになるのか不明なまま治療を開始することになるので、当院ではその様な設定はしておりません。
あくまで治療終了までの費用です(ただし装置を破損・紛失した場合を除きます)。

※税込価格

診査診断・相談料
診査診断
お口の型取り、レントゲン撮影、写真撮影などを行い、これら資料をもとに
的確な診断を下します。相談
歯並びを、床矯正で治すことが可能かどうかを含めて、装置の種類、
おおよその治療機関など詳しくご説明いたします。
32,400円
床矯正費用
片顎
上顎か下顎のどちらかのみ治療する場合。
108,000円
両顎
上顎と下顎の両方を治療する場合。
183,600円
装置再製作料
装置を紛失または修理不可能な破損をした場合、再度製作するのにかかる費用。
32,400円
管理料
1ヶ月ごとの管理料
フッ素塗布を含む。同月なら何回来院されても同額。
2,160円~3,240円
ワイヤー装着料
床矯正の後、ワイヤーを装着する必要がある場合(片顎)。 86,400円~

▲床矯正のTOPへ

歯並び・咬み合わせが悪いことの弊害

昔と比べ、最近では歯並びや咬み合わせに対する意識が高くなっており、歯科で矯正や咬み合わせの治療を受ける方が増えています。では歯並びや咬み合わせが悪いと、どのような問題が起こってくるのでしょうか?

矯正

身体が歪む

咬み合わせが悪いと、噛みやすい同じ場所を使うことが多くなります。そうしたことで、身体の骨格が歪んでしまう場合があります。身体が歪むと腰痛や肩こり、頭痛などを引き起こす可能性があります。

太りやすくなる

咬み合わせが悪いと、口に入れたものをよく噛むことができず、大きなかたまりのまま胃の中に入れてしまいます。その結果、無意識に早食いしていることになっています。よく噛まずに早食いをしてしまうと、なかなか脳に満腹指令が行きません。そうしたことが肥満につながってしまいます。また、消化吸収障害となり、さらに肥満を加速させてしまうのです。

虫歯や歯周病になりやすくなる

歯並び・咬み合わせが悪いと、歯磨きのブラッシングの際に磨き残しが出てしまい、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。歯磨きを上手に行うのは、歯並びが良くてもなかなか難しいものです。将来入れ歯になってしまわないようにするには、矯正を行い正しいブラッシングで歯磨きをして虫歯や歯周病の予防をすることが望ましいです。

話しづらくなる

歯並び・咬み合わせが悪いと、話しづらいというデメリットもあります。言葉を発する時、舌を歯に当てて発音したり歯を接することで発音したりするため、歯並び・咬み合わせが悪くそれがうまく行かないと、正しい発音ができず、話しづらくなってしまうのです。

人前で口元が気になる

歯並び・咬み合わせが悪いとそれがコンプレックスになり、人前で気になるようになってしまいます。口元を隠すようになったり、人と会話をしていても口元を見られているような感じがしたりして、ストレスを感じてしまいます。

当院は神戸電鉄・湊川駅近くにある歯科です。通常の矯正の他、床矯正も行っております。
湊川駅付近で矯正歯科をお探しの方、ぜひ当院お任せください。 また咬み合わせが心配な方もご相談ください。

私が床矯正を始めたわけ

当院ではありがたいことに、小さな子供さんからご年配の方までいろいろな年代の方に来ていただいております。

患者さんによっては2歳になる前からずっと定期検診に来ていただいていて、大人になるまで幸い1本も虫歯にならずにすんでいる方も多いです。

きれいな歯並びをプレゼント

一方歯並びに関しては、必要な人には時機を見て矯正の話を保護者の方にします。しかし多くの方が、子供さんにきれいな歯並びをプレゼントしてあげたくても、経済的理由で断念するのを見てきました。

私は開業当初からずっと一般矯正を行っていました。私は矯正専門医ではないので、それよりは価格設定を低くしてあるのですが、それでも高価な治療です。歯並びは遺伝の要素が多いので兄弟すべてにしようとすると、いったい何人の人が矯正治療を享受できるのだろうか、と疑問に思っていました。

 girl-boy

実は床矯正は開業当初に手掛けたことがあったのですが、今ほど手技が発達しておらず成績が良くなくて中止した経緯があります。

しかし、前述したように何とか一人でも多くの子供さんの歯並びをきれいにしていい笑顔になってほしくて、東京の鈴木設矢先生に師事し平成21年より床矯正を再開しました。

その際、検査料もいれて上下の床矯正で20万円+消費税に治療費を設定しました。

一般的な矯正が60万円から100万円くらいかかることを考えるといかに安いかがわかっていただけると思います。月々の管理料も格安にしてあります。

床矯正だけでは無理でワイヤーが必要となる場合でも一般矯正に比べるとはるかに安く設定してあります。

また床矯正は治療期間が長いので、少額づつ分割してお支払いいただくことも可能です。

もちろん金利は不要です。

下の永久歯の前歯が生えたころに歯科医院へ

最後にお願いなのですが、ほとんどの方が子供の大人の歯がいがんで生えてきてからびっくりして歯科医院に連れて来られます。でもそれが八重歯(犬歯)だと床矯正には手遅れなのです。

一番良いのは下の永久歯の前歯が生えた段階で少しでも重なっていたらすぐに連れてきていただくことです。あるいは乳歯列のうちから虫歯の治療や定期検診に来ていただいていれば、矯正の必要があれば適切な時期にお話しさせていただくことが可能です。

それが子供さんも楽ですし、費用も安く済む方法です。

床矯正 質問

■床矯正はなぜあまり知られていないのですか?

A: 床矯正は主にヨーロッパで古く昔から行われており、現在も行われている治療なのですが、日本の歯科技術の多くはアメリカを手本にしており、そのためあまり日本では知られておりませんでした。


■治療ができる年齢の制限はありますか?

A: 6歳くらいから始めることが出来ます。むしろ、顎の骨の成長を考えた上でも、気付いたら早めに行うのが好ましいと思います。床矯正ではないのですが似たような治療で、受け口の治療は4歳くらいから始めることが多いです。
高齢の方も健康に問題がなければ治療可能ですが、若い方に比べると歯が動くのに時間がかかり、治療期間が長くかかる場合があります。また成長期の子供さん以外は床矯正だけでは治りませんので、床矯正後にワイヤー矯正が必要となります。


■いつ始めるのがよいですか?

A: 明らかに永久歯のはえるスペースがたりない場合は、永久歯にはえかわる前に開始した方がよいでしょう。
お子様が治療に協力的ではない場合、歯並びが悪くなるか微妙な場合は、少なくとも犬歯(糸切歯:3番目の歯)がはえかわる1年半以上前に開始すると、よい結果が得られます。
床矯正で最も効果が高いのは、顎が小さいために将来歯がきれいに並ぶことが不可能であると予想された場合に、あらかじめ顎を拡大して、歯が正常に生えるスペースを作ってあげることです。
歪んで生えた歯を治すのではなく、歪まないように予防してあげるのが最善です。


■犬歯(糸切歯:3番目の歯)が永久歯に生え替わってしまいました。この場合、床矯正は出来ないのでしょうか?

A: 出来ないことはないのですが、

  • 治療期間がかかる
  • 床矯正だけでは無理で、床矯正後にワイヤーを装着する必要が出てくる。
  • 治療結果にある程度妥協が必要になる場合がある

など、治療開始時期を遅らせるメリットはありません。

治療開始時期が遅くなった場合は、抜歯して一般の矯正治療をお勧めする場合も多いです。
(但し治療費は床矯正より高額になります。)
多くの保護者の方が、子どもさんの犬歯が八重歯に生えてきてから、びっくりして相談されます。
でもそれでは、前述したようにデメリットが多くなります。
我々の専門家から見れば、将来どのような歯並びになるかは予想されるので、そうなる前に将来像をお伝えすることが可能です。
これが、かかりつけ医に定期的に通っていただく最大のメリットだと考えられます。


■治療にかかる費用が心配なのですが?

A: 床矯正も従来の矯正治療も医療保険の適応外の治療ですので、コストは掛かります。
しかし、床矯正は高価な器具を使わない矯正治療ですので、症状の軽い方の場合十数万円ほどで治療が完了する場合も多いです。
実際の治療に取組む前に、治療に関する方針を決め、必ず治療費用のお見積りを致します。
その後の治療を進めるかどうかは、その時点でご判断していただけますのでご安心下さい。

→床矯正関連費用


■床矯正ができない人はいますか?

A: ムシ歯や歯周病など、歯の健康に問題のある方はその治療を終えてから床矯正治療を行います。
また、治療期間中に歯のお手入れをきちんと行えない方には治療をお勧めしません。
一番床矯正に向いているのは、奥歯の咬み合わせに問題がなく、前歯が重なりかけている時期の子供さんです。
その他の場合は、従来方法の矯正治療をお勧めすることもあります。


■どんな装置を使いますか?

A: 入れ歯のような、取り外しの出来る装置を使用します。
装置は顎を左右に広げる装置、前に広げる装置、がたがたになった歯を綺麗に並べる装置など色々な種類があります。
通常、永久歯の生えるスペースを確保するため、まず顎を拡げる装置を使用し、その後確保されたスペースに歯をきれいに並べる装置を作成します。
治療開始が遅い場合、歯並びが非常に悪い場合は、更にいくつかの装置が必要になります。


■痛みはないのですか?

A: ほとんど痛みは感じません。一般の矯正よりははるかに楽です。
ただ顎を拡げる治療の性質上、顎の骨に圧を加えます。
その際に、当たりが出て痛む場合がありますが、連絡いただいて来院していただければ、簡単に調整ができます。


■装置の取り外しが難しそうです。誰にでも出来ますか?

A: 装置の取り外しは、慣れるまでは保護者の方に行っていただきますが、お子様自身でも少し練習すれば簡単に取り外しができます。むしろ、保護者の方より上手に取り外しが出来るようになります。
ただ、注意していただきたいのは、お子様自身では装置がきちんと装着されているかどうか
わかりにくいので、必ず保護者の方が正しい位置に装着されているか、確認していただく必要があります。
また装置の清掃は、保護者にしていただく方が良いでしょう。
いずれにせよ、お子様任せにしないで、よく監督してください。


■装置はずっと着けていなければならないのですか?

A: お食事や歯磨きの時は外して下さい。
それ以外は基本的にずっと着けていただきたいた方が良いのですが、音楽の時間に発声の邪魔になるなど、一時だけ外すことは結構です。
ご自分の都合で脱着できることが床矯正装置の特長ですが、なるべくずっと着けているほうが当然治療効果も高まります。


■お手入れの方法は?

A: 床矯正装置は入れ歯と同じ素材です。
当院でお勧めしている洗浄剤を使用していただいても、市販の義歯の洗浄剤を使用しても結構です。
でも一日1回は保護者の方が必ずブラシできれいに磨いてください(歯磨き粉は要りません)。
ご自分の歯は、これまでよりも念入りにお手入れしましょう。


■歯が一本だけゆがんでいます。そこだけ矯正することは出来ますか?

A: こういう要望は結構多いのですが、歯がきちんと並ばないのは、永久歯が生えるのに必要なスペースがたりないことが原因です。
したがって、まず全部の歯を動かしてスペースを確保する必要があります。
場合によっては、矯正よりもほかの手段のほうが効果的なこともありますので、ご相談ください。

▲床矯正のTOPへ

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ