神戸市兵庫区の歯医者なら【くれもと歯科医院】へ。一般歯科からインプラント治療・歯周病・審美歯科・床矯正・ホワイトニング・予防など、口内・口元のお悩みならなんでもご相談ください。
|
  • HOME »
  • 一般歯科

一般歯科

口元や歯に関する悩みをお持ちの方へ

口元・口の中、歯に関する悩みを抱えている人は多いと思います。歯並びや虫歯、歯周病、入れ歯やブリッジなど、様々な悩みを抱えていることでしょう。

このような悩みを抱えていていは存分に食事が楽しめなかったり人と話すことに抵抗が生まれたりします。また、問題をそのままにしておくと歯が抜けて落ちてしまい二度と元に戻らないという結果になることも考えられるのです。

一度抜け落ちてしまった歯は生えてくることはありません。大切な歯が抜け落ちてしまわないためにも日頃からしっかりとメンテナンスをする必要があります。

大切な歯が抜け落ちてしまわないために

私が常日頃から思っていることは、当院に初めて来院されてお口を拝見させていただいた時に、残念ながら手遅れであることがあまりにも多いことです。でもそれは当たり前のことで、症状がなければ病院には来られないからです。でも症状が出てからでは手遅れなことが多いのです。

また自覚症状が出たごく初期に来院いただければ助かったかもしれないのに、放置しておいたがために時機を逸してしまった場合も多々あります。風邪とかおなかが痛いのであれば、症状が出ても自然に治癒することがあります。しかし虫歯で歯に穴が開いたり、歯周病で失われた歯の周りの骨が、自然に元に戻ることは絶対にないのです。

異常を感じたら早めにご来院を

ですからどうか、異常を感じたら早めにご来院してください。そして既に問題があるところは良い機会ですから、症状のないところもすべて治しましょう。

治療後は、再発防止と良い状態を維持するために定期的に検診とクリーニングを受けてください。当院には10年20年とメンテナンスにこられている方がたくさんおられますが、やはり定期的に来院くださる方は悪くならない、あるいは悪化のスピードが遅いということを実感しています。

またどこも悪く無い方でも、例えば矯正をすれば歯並びがよくなるだけではなく、口元の印象もよくなります。近年ではホワイトニングだけにこられる方も多いです。逆に歯ばかりが白くなっても歯ぐきが真っ赤だとどうでしょうか。効果的な歯周病治療のプログラムを受けていただくことで、健康とともに引き締まった薄いピンクの歯ぐきという健康美も手に入れることができます。

歯科医院をうまく有効活用していただくことをお勧めいたします。

また一度相談だけしたいと思われる方は、メールにて相談も受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

→無料メール相談

▲口や歯に関する悩みのTOPへ

口元を悪くする生活習慣

第一印象が大事

人は、第一印象が大事と言われます。なぜなら、一度抱いた印象は簡単に覆すことができないからです。したがって、常に身だしなみを整えることや清潔さを保つことが大切です。第一印象の良さをアップさせる要素はいろいろありますが、その1つに美しく健康な口元が挙げられます。きれいな口元は健康的な口内環境から生まれます。

おしゃれな服を着て、ヘアセットやメイクがバッチリでも、歯の汚れや口臭がキツいとイメージダウンしてしまいます。人とコミュニケーションをとる時最初に目元を見て、次に口元を見ると言われています。したがって口内環境が整っていないと、悪い印象を与えてしまうことになるのです。

口内環境を悪くする様々な生活習慣

こちらでは口内環境を悪くする様々な生活習慣を紹介するので、当てはまることがあれば改善に取り組みましょう。

一つめが柔らかいものばかり食べる食生活、栄養バランスが偏った食生活です。歯ごたえがあまり無い柔らかいものばかり食べていると顎の筋肉が弱り、口元のバランスが崩れてしまう原因にもなります。それから糖分の多い食事をとると歯垢の増殖に繋がり、歯周病になってしまう可能性があります。 特に子供さんは前歯でしっかり固いものを咬むことが、前顔面の成長を促します。また顎の発育も促すので歯並びもよくなります。

白い歯美しく健康な口内環境を目指すのであれば、栄養バランスを考えた様々な食感の食べ物をバランス良く食べることを心掛けましょう。二つめに、見た目の面からタバコやコーヒー、お茶など歯の黄ばみや着色の原因となるものを控えることです。ヤニやステインが歯のエナメル質を変色させて黄ばんでしまうので、なるべく控えたほうがいいでしょう。

それから三つめに、歯ぎしりを改善することです。歯ぎしりは歯に強い圧力をかけているので、様々なトラブルを招きます。歯並びや咬み合わせにも影響を及ぼすことが考えられるので、治療を受けることをおすすめします。

最後に美しい口内環境を手に入れるためには、歯科医院での定期健診やケアが欠かせません。若々しく美しい口元を保つためのお手伝いをさせていただきます。

▲口や歯に関する悩みのTOPへ

歯が抜けた状態のまま放置する害

歯が抜けままにしていると、、、

歯が抜けてしまい放置している人は多いと思います。ほかの歯で咬めるし、問題ないから入れ歯などは必要ない、抜けてしまったけどあまり目立たない部分だからそのままで良いなど、様々な理由から抜けた状態で放置していることでしょう

歯はたくさんあるから、1本くらい抜けても大丈夫でしょうか?では手足の指は20本あるから1本くらいなくても平気ですか?

歯が抜けたままはとても危険です。歯は、指のように1本1本動くことはないのですが1本1本役割があります。それぞれの役割を果たすことで全体が機能するのです。緻密に全体のバランスの中で成り立っているものなので、1本でも失ってそのままは良くありません。

・虫歯や歯周病のリスクが上がる
・抜けた歯の隣の歯が傾いてしまう
・対合の咬み合う歯が伸びてしまう
・咬み合わせが悪くなる
・顔の輪郭が歪んでしまう
・歯ぐきの位置が下がる
・発音がうまくできない
・しっかり咬めないので胃腸などの消化器官に負担がかかる

など、このような悪影響が生まれてしまうのです。そのため、失ったままの状態は良くないのです。

一本だけの治療で済むものが、時間がたつと複数の歯を治療しなければならなくなります。抜けてしまったらすぐに治療法を考えましょう。

▲口や歯に関する悩みのTOPへ

歯科で使われる様々な専門用語

歯医者さんへ行ったとき、「この言葉ってどういう意味だろう」と疑問を持ったことはありませんか。医療関係者の間では日常的に使用されている用語も、患者さんからすればさっぱり意味が分からないものではないでしょうか。

歯医者さんで使われる様々な専門用語

そこでこちらでは、歯医者さんで使われる様々な専門用語の一部をご紹介しますので、ぜひ役立てていただければと思います。

印象(いんしょう)

歯医者さんに行ったことのある方の中には、冷たくて軟らかいピンク色の物体を口の中に入れて型取りをした経験をお持ちではないでしょうか。このように型を取ることを印象といいます。この型をもとに石膏模型が作られ、その上で詰め物、被せ物や入れ歯が作られます。

インレー

虫歯の治療のために削った部分に埋める小さな詰め物のことです。
保険適用と保険適用外で使用される材料が変わります。

インプラント

欠損部位に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を作る治療のことです。
咬む機能や審美性などを回復させます。

縁下・縁上(えんか・えんじょう)

それぞれ歯茎より下と上を指し、そこにある歯石を「縁下歯石・縁上歯石」といいます。縁下歯石は黒くて固いという特徴があります。縁上歯石は主に白っぽくて軟らかめです。

嘔吐反射(おうとはんしゃ)

口腔内に触れただけで反射的にえづいてしまうことです。せきやくしゃみのように反射的に起こってしまうため、本人の意思では止められません。酷いときには、歯ブラシもままならない方や歯医者さんでの治療を想像するたけでえづく方もいらっしゃいます。

顎関節症(がくかんせつしょう)

顎の機能障害のことです。
大きく口が開かない、食べるときに顎の関節が痛い、口を開閉するときに音がするなどの症状が現れます。

CR(シーアール)

白いプラスチックの詰め物のことです。
ごく小さな虫歯の治療に用いられます。コンポレットレジンの略です。

バイト

歯の咬み合わせのことです。咬み合わせの状態を記録することを「バイトを取る(咬合採得)」といい、咬み合わせが高いことを「バイトが高い」といいます。

パントモ

歯列全体を撮影するパノラマ型のレントゲンのことです。
それに対して2・3本の歯を撮影するレントゲンは「デンタル」といいます。

ホワイトニング

歯を白くする治療のことです。大きく分けて歯医者さんで行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。 どちらも歯の表面に薬剤を作用させることにより、歯を漂白します。

 

兵庫区にお住まいで歯医者さんをお探しの方は、どうぞ当院をご利用ください。
治療中に疑問に思った専門用語も親切丁寧にお教えいたします。遠慮なくご質問ください。無料メール相談も実施中なので、ぜひ活用してください。お待ちしております。

メール相談はこちらへ

▲口や歯に関する悩みのTOPへ

歯医者が好きですか

苦手な歯医者

子供の頃には歯医者に行きたくないと親に抵抗した経験のある方もいるのではないでしょうか。

多くの方が苦手だとされています。あるアンケート調査によると嫌いな傾向にある方が61パーセントと大多数を占める結果となっていました。普通と答えた方が31パーセントで好きな方は7パーセントと圧倒的に少ないです。

しかし1パーセントの方は大好きと回答しているようで人の感覚は千差万別であることを表していると思います。非常に個性的な方なのかもしれません。

行きたくない理由

行きたくない理由としては、痛いと思っているからではないでしょうか。大人でもどうしても行きたくないと、ぎりぎりまで我慢している方もいるくらいです。しかし何十年も治療を受けていないなら現在の歯医者は以前と違っています。

医学は日々進歩しています。そのため治療技術は確実によくなっていると思います。患者さんへの負担も年々少なくなっていますので、勇気を振り絞って訪れてみてください。

一回目の治療に来られた後、こんな程度ならもっと早く来ればよかったといわれる方が大半です。また問診票に「痛いのが嫌!」と目立つように書いてください(笑)心がけます!

心配なら先にメールで相談いただいても結構です。

▲口や歯に関する悩みのTOPへ

咬み合わせとは

咬み合わせの治療について

◇ 咬み合わせとは

人間は下あごを上下に動かすことで、下の歯を上の歯に噛み合わせてきます。

さらにあごは上下だけではなく左右にも動きますから、咬み合わせとは、あごを上下に噛んできた上下の歯の接触とあごを左右に動かした時の上下の歯の接触の事を言います。

 56

咬み合わせは、

① あごの関節(顎関節)
② あごを動かす筋肉(咬合筋)
③ 歯
④ 歯を支えている骨(歯槽骨)
の4つが関連しあって構成されます。

咬み合わせが悪くなると、あごの関節の動きが悪くなったり、口を大きくあけるとあごを動かす筋肉にいたみがでたり、歯が大きく磨り減ったり、歯が割れたり、歯を支えている骨が吸収したり、歯がぐらぐらしたりなどの症状がでる事があります。
咬み合わせに対し、歯並びとは、専門用語で「歯列」といい、ただ単に歯の位置の連続性の事を言います。

よく誤解されますが、歯並びが悪い=咬み合わせが悪いではありませんし、歯並びが良い=咬み合わせが良いでもありません、歯並びが悪いのと、咬み合わせが悪いとでは意味合いが大きく異なります。
歯並びが悪くて問題となるのは、見た目が悪いという審美性の問題と、物がはさまる、歯ブラシがとどきにくいなどの清掃性の問題です。
歯並びは矯正治療や補綴処置(クラウンやブリッジ)によって改善できますが、歯並びを治すと噛み合わせも当然変わります。歯並び改善の治療は咬み合わせを考えて治療をする事が大切となります。

 ◇ 顎関節症

あごが開かなくなったり、あごが動かしにくかったり、あごを開けると痛みがでたり、あごの関節がカクカク音が鳴ったりなどあごに症状がでる事を顎関節症(がくかんせつしょう)と言います。

咬み合わせから顎関節症を引き起こすこと思われがちですが、顎関節症=悪い咬み合わせではありません。顎関節症の一番の原因は精神的ストレスだといわれています。

精神的ストレスから歯軋りやくいしばりをするようになり、顎関節や顎の筋肉にダメージをあたえます。その際の治療法としてマウスピースを装着してなるべく顎関節や顎の筋肉に負担が行かないようにしますが、極度のストレスがある際はマウスピースによる治療をしても期待通りの成果をあげられません。
一番の治療法は精神的ストレスからの開放です。

精神的ストレスからではなく、咬み合わせが悪いがために顎関節に負担が生じ、顎関節症を引き起こしている場合ももちろんあります。

その際は咬み合わせの治療を行うことによって、症状の回復、改善が望めます。

注意書

顎関節症

口を開けようとすると耳の少し前の顎の関節で「カクンカクン」と音がしたり、顎周囲の筋肉が痛むなどの症状や、口を大きく開けることができないなどといった症状がでることを顎関節症(がくかんせつしょう)といいます。

咬み合わせから顎関節症を引き起こすこと思われがちですが、顎関節症=悪い咬み合わせではありません。
その症状の原因として挙げられるうちのいくつかを、ここでご紹介いたします。

顎関節症の原因

【食いしばりや歯ぎしり】

ストレスなどで歯を食いしばったような状態が長く続くと筋肉が緊張するため、顎関節に負担がかかってしまいます。

【物を食べる時の噛み方】

食事の際に、歯の片側だけを使い噛み続けると筋肉に歪みができ、顎がずれてしまいます。

【姿勢が悪い】

姿勢が悪いことが顎にも影響してきます。猫背は顎も奥に入ってしまうのでよくありません。

【咬み合わせの悪さ】

咬み合わせが悪いと、物を食べるたびにそのズレが影響してくるので顎関節症の原因にもなりやすく、逆に顎関節症が原因で咬み合わせが悪いということもあります。

【外部からの圧迫】

頬杖をついたり、うつ伏せになって眠ったりすると、外部から顎が圧迫されてしまいます。
何度も繰り返すことで少しずつ顎が歪んでしまいます。

全身に出る影響

顎関節症の影響から頭痛、肩や首のコリ、目眩、耳鳴り、不眠症、自律神経失調症、うつ病などの症状が出る場合があります。
特に顎関節の歪みからくる頭蓋骨の歪みによって、自律神経失調症やうつ病などになる可能性があるといわれています。
また、虫歯のように歯が痛くなることもあります。歯医者さんで虫歯はないと言われても歯が痛い場合、顎に原因がある可能性が高いです。顎関節症により神経が圧迫され、虫歯の痛みと勘違いしてしまうのです。

このように顎関節症になると体のいろんな場所に症状が出てしまうことがあります。自律神経失調症になると人間が本来持っている自然治癒力が低くなりますので、体が弱まっていき、全身に悪影響が出てくる原因となります。

顎関節症の治療

前述したように、精神的ストレスから歯軋りやくいしばりをするようになり、顎関節や顎の筋肉にダメージをあたえて顎関節症を発症している場合があります。その際の治療法としては、マウスピースを装着してなるべく顎関節や顎の筋肉に負担がかからないようにすることがあります。ただストレスが原因であれば、原因を除去することなしにマウスピースによる治療をしても、期待通りの成果をあげられないかもしれません。

精神的ストレスからではなく、咬み合わせが悪いがために顎関節に負担が生じ、顎関節症を引き起こしている場合もあります。その際は咬み合わせを修正するようなギプスのようなものを作成し、一定期間使用してもらうことで症状の改善を見ることが多いです。

場合によっては、咬み合わせ全体の治療を行うこともあります。

咬み合わせの治療のTOPへ

咬み合わせを悪くする原因

咬み合わせは、ちょっとした習慣や仕草によって悪くなってしまうものです。咬み合わせの悪さは歯周病を進行させたり、顎の調子が悪くなる原因にもなりかねませんので注意しましょう。こちらでは咬み合わせを悪くする原因についてご紹介しますので、当てはまる節がある方は予防に努めましょう。

咬み合わせを悪くする原因はどんなものがある?

親知らず

「まっすぐ生えてきているみたいだし、痛くもないし」と放置してしまいがちな親知らずですが、実際にはまっすぐじゃないことがほとんどです。そのまっすぐではない親知らずが、他の歯や歯ぐきに圧力をかけて咬み合わせを悪くしてしまいます。特に親知らずが明らかに横に傾いている方は、もっと大きな圧力が掛かっていることになります。

また臼歯は咬み合う歯がないと伸びてくる性質があります。上下の親知らずが咬み合わない状態だと、正常に生えてきている歯の方が伸びてきます。すると上下に咬み合う分には問題ないのですが、擦り合わせの時にそれが引っ掛かって、顎の動きが悪くなったり頭痛の原因になったりします。
心当たりのある方は歯科へ相談することをおすすめします。

抜けた歯の放置

歯を抜いてそのままにしておくと、隣の歯が傾きます。また前述したように歯は伸びる性質があるので、抜けた歯の咬み合う歯が伸びてきます。これは咬み合わせを悪くする大きな原因となりますので、抜けたところは必ず適切な処置をしましょう。

ストレス

日常的にストレスを抱えていると、それを発散するために無意識に歯ぎしりや食いしばりという行動をとってしまいます。ガムを咬むときの数倍もの力がかかるとされているため、十分な注意が必要です。
自分なりのストレス発散法を見つけてください。

噛む回数の減少

忙しくて食事時間が短かったりインスタント食品などの柔らかいものばかりを好んで食べていると、必然的に噛む回数は減少します。すると歯を支える力が弱まり、歪んだりずれたりして咬み合わせを悪くしてしまいます。特に小さなお子さんに柔らかい食品ばかり与えていると、咬み合わせだけでなく顎の未発達の原因にもなりかねませんのでご注意ください。

噛み癖

何か食べるとき、いつも右や左のどちらか片方だけで噛んでしまっていませんか。こうした咬み癖があると、片側だけ筋肉が異常に発達し、顎のバランスが崩れて咬み合わせを悪くしてしまいます。それだけでなく右の顔と左の顔がまるで別人のように見えたりすることもあるためご注意ください。

態癖

頬杖、腕枕、うつ伏せ寝などは顎に力を加えます。短時間なら問題はないのですが、それが癖になっていて持続的に力が加わり続けると、顎の位置がずれたり、歯並びが変形することがあります。

上記の原因のほかに、歯並びが悪いと当然咬み合わせが悪くなる確率が高くなります。でも逆にきれいな歯並びでも咬み合わせの悪い方はたくさんおられます。なんとなく咬み合わせが悪い感じがされる方や顎の調子の悪い方は、お気軽にご相談ください。

▲咬み合わせの治療のTOPへ

咬むという行為が与える影響

同じ咬むという行為であっても、「よく咬む」「咬みしめる」ではそれぞれ与える影響が異なります。
歯の健康を保つためには、普段自分がどのような咬み方をしているのか見直す必要があるでしょう。

咬むことの良い影響

【虫歯・歯周病の予防】

よく咬むことで唾液がたくさん分泌されます。唾液には虫歯を作る酸を薄める働きがあるため、虫歯予防に繋がります。
また、よく咬むことで歯ぐきへのマッサージ効果が期待できるため、歯周病予防にもなるのです。

【脳の活性化・全身への好影響】

咬むという行為により頭部の骨や筋肉が動き、血液の循環が良くなります。そうすると脳神経が刺激され、脳の働きが活発になります。また咀嚼のリズムはセロトニン神経を刺激するとされています。セロトニンは心のバランスや精神を安定させる働きをもつホルモンです。セロトニンが増えると心がリラックスし、集中力が高まるのです。
歯がたくさん残っていてよく咬める人は、脳が活性化されやすく認知症になりにくいというデータがあります。また80歳で20本以上歯が残っている人はそうでない人に比べて全身の病気にかかる医療費が20%以上も低いというデータもあります。

【ダイエット・小顔効果】

よく咬むことで大量に分泌される唾液は、食べ物を糖に分解する働きがあります。糖分は血液に吸収され血糖値が上昇し、満腹中枢が刺激されるため少ない量でも満腹感を得られ、食べ過ぎるということがなくなります。
また、よく咬むということは、顔の筋肉を使っているということです。顔の筋肉の70%は口の周辺に存在しているため、よく咬むことで血行が良くなりむくみ改善になりますし、顔の筋肉を鍛えることでたるみ防止にもなります。

咬みしめすぎることの悪い影響

【歯周病のリスク】

咬み合わせが悪い状態で歯を強く咬みしめると、一部の歯に負担が偏りかねません。
負担がかかった歯は通常よりも大きくぐらつき、歯ぐきとの境目が広がり歯周ポケットが形成されます。
歯周ポケットにはプラークが溜まりやすいため、歯周病のリスクが大きくなってしまうのです。

【歯が早くすり減る】

永久歯は徐々にすり減っていくことが当たり前ですが、咬みしめ癖があるとより早くすり減ってしまいます。
歯がすり減ると咬み合わせが狂うこともあります。咬む位置が不安定になると顎にまで影響を及ぼし、顎関節症を発症する場合もあるのです。

【頭痛・肩こり】

歯を咬みしめることによって、こめかみから顎にかけての筋肉が目や耳の神経も圧迫してしまいます。
これが長期にわたってしまうと、頭痛や肩こりなどを引き起こしてしまうのです。他にも咬みしめ癖によって、耳鳴りや目の奥の痛み、動悸、息切れなどの不定愁訴が出ることがあります。

適切な咬み合わせで健康な歯を保とう

同じ咬むという行為であるにも拘らず、程度の違いによって良い影響もあれば悪い影響もあるということは知っていただけたでしょう。しかし、こういった咬みしめ癖などは無意識に行っていることが多く、気づいたら歯の痛みや顎関節症などの影響が出ていたという方も少なくありません。

咬み合わせというのは歯の健康に大きく関係しているため、いつまでも綺麗で健康な歯を維持するためにも咬み合わせを良くすることがとても大切なのです。また全身の健康のためにも適切な咬み合わせが必要です。

▲咬み合わせの治療のTOPへ

虫歯の治療

◇ごく小さな虫歯

白濁、着色程度のまだ穴が開いていない虫歯では、削らずに経過をみます。
この段階では、食生活の改善、ブラッシング方法の変更などにより、虫歯が治癒することもあります。

◇小さな虫歯

従来は、歯に小さな穴があいている程度でも、大きく削って銀の詰め物を入れていました。
最近では、悪い部分だけを最小限削除し、白い詰め物をする方向にあります。
また、この段階では保険で白く治すことが可能です。
虫歯は下の図のように、歯と歯の間から進行することが多いです。
そのため、もっと大きくなってからでないと、自分では肉眼でも症状でもほとんど気付きません。
しかし、痛い・しみるといったような自覚症状が出てきてからでは、遅いことが多いのです。
自覚症状が出る前に治療するためには、定期的に検診に来ていただくのが最善です。

虫歯の治療・神経の治療

◇大きな虫歯

自覚症状がある場合や明らかに歯に大きな穴があいている場合は、神経を残して治療できるかどうかが、大きな問題となります。
当院では、虫歯を抗生物質で治す方法や、日本では未発売の殺菌力を有するセメントを用いたりすることにより、できるだけ神経の保存に努めています。

 神経の治療

残念ながら、虫歯が大きすぎる、歯ぐきの中まで進行している、歯が傾いている等の理由でやむなく神経の治療をすることがあります。
また既に神経の治療がされている歯で、再治療が必要となる場合も多いです。
当院では、超音波による洗浄を主体とした神経の治療法を採用しており、成功率の向上に努めています。

虫歯になりやすい人となりにくい人の違い

しっかりと歯磨きをしているのに虫歯になってしまうという方もいれば、何もしていないのに虫歯がないという方もいらっしゃいます。その違いは何かご存知ですか。

なぜその違いが起こるのか

虫歯菌虫歯はミュータンス菌による感染症なので、お口の中に菌がいなければ虫歯になることはありません。

厳密にそれだけだとは言えませんが、虫歯になりにくい人はミュータンス菌がいないか少ない可能性があります。
また唾液の性質や分泌量、歯の質、食生活などにも左右されます。

そもそもミュータンス菌は乳幼児期に親とのスプーンの使い回しやキスなどを媒介として感染することが多いと言われています。乳歯の生えそろう3歳までミュータンス菌との接触を避ければ、一生を通じて虫歯になりにくいかもしれません。

虫歯になりにくい口内環境づくり

【決まった時間に食事をする】

お口の中はもともとアルカリ性で食べ物を食べると酸性になり、酸によって歯が溶け始め虫歯のリスクが高まります。
時間が経ち、唾液などで中和されるとアルカリ性に戻り再石灰化が始まりますが、間食をしたり、食事の回数が多いと歯が溶けやすい時間が長く続くため虫歯になる可能性が高くなってしまいます。そのため、食事は決まった時間にとり、間食をしないように心がけましょう。

【ジュースを飲んだらうがいをする】

コーヒーや清涼飲料水、ジュースなどにも糖分が含まれています。糖分は歯垢細菌が繁殖するための温床になってしまうので、糖分の入った飲み物を飲んだらうがいをしましょう。キシリトール配合で糖分のないガムなどを用いて唾液の分泌を促すのも効果的です。

【野菜・果物を食べる】

口内の酸を中和するにはアルカリ性の食品が効果的です。野菜や果物などはアルカリ性の食品となっており、摂取することで内側から虫歯になりにくい体作りに期待できます。また、ゴボウやレタス、セロリなどの食物繊維を豊富に含んでいる食品は、咀嚼することで歯の表面をきれいにしてくれるためお勧めです。

日常的なケアと定期的な歯科医院でのケアを

普段から歯磨きなどでセルフケアをしていても、汚れを完全に落とすことはできません。
初期の虫歯や歯周病は自覚症状がないため、気づいたら進行していたということも少なくないのです。
そのため、より予防効果を高めるには、歯科医院で定期的なケアを心がけることがとても大切なのです。
歯科医院に定期的に通うことで、虫歯や歯周病にかかる前に防ぐことができ、症状が悪化してから治療するよりも負担が少なくて済みます。

神戸市兵庫区で歯科・歯医者をお探しなら、当院にご相談ください。兵庫区の皆様に愛される街の歯医者さんとして、親身な対応を心がけております。当院では、一般歯科や歯周病治療、インプラントやホワイトニング、審美歯科など歯科で取り扱う治療ならほとんど何でも行っています。安全でご納得いただける治療をご提供いたしますので、口元・口内のお悩みなら何でもお気軽にご相談ください。

親知らずが原因となるトラブル

現代の食生活で親知らずは不必要だとする声もあり、実際に生まれつき親知らずがないまま健康的な生活を送っている方も多いです。親知らずは歯ブラシが届きにくく、磨き残しが多くなりがちな箇所です。完全に埋まっている、もしくは真っ直ぐ生えており手入れも行き届いているのなら残しておいても問題ありませんが、いびつな生え方をしているのなら抜歯したほうが賢明です。状態を把握せずに放置しておくと様々なトラブルの誘因となります。

虫歯や歯周病になる

特に下の親知らずは、埋もれていたり斜めに生えていたりするので、手前の歯との間の清掃が困難な場合が多いです。親知らずが虫歯になれば抜けばよいのですが、手前の歯が虫歯になってしまうと、不要な親知らずをおいておいたばかりに、必要な手前の歯が悪くなることになり、本末転倒です。

また同様に、親知らずと手前の歯の間は磨きにくいので、手前の歯が歯周病にかかり、将来抜歯になる場合も多いです。親知らずがある方は一度、おいていた方が良いのか抜いた方が良いのか、相談されてはいかがでしょうか。

下の一番後ろの歯ぐきの痛みの原因となる

上の親知らずが正常に生えていて、下の親知らずが埋もれているケースがよくあります。また、歯というのは咬み合う相手がいないと伸びてくる性質があります。よってその場合は上の親知らずに咬み合う歯がないので徐々に伸びてきて対合の歯ぐきを咬むようになるため、そこが腫れたり痛くなったりする場合が多いのです。下の親知らずが痛くなる原因の多くは、上の親知らずの咬み込みによるものです。その場合は先に上の親知らずを抜きます。

歯並びが悪くなる

日本人は顎が小さいと言われており、親知らずが生えてくる際、顎のスペースに余裕がない方がとても多くいらっしゃいます。親知らずが無理に生えてこようとすることにより、前の歯列が圧迫されます。
これによりドミノ倒しのように健全な歯並びを乱してしまい、歯が少しずつ移動してしまいます。
親知らずは抜いてしまえばそれで終わりですが、いったん悪くなった歯並びを直すのはとても根気がいるものなので、早めの処置が肝心です。
矯正治療の終了前には親知らずを抜くのが 一般的です。それは矯正後の後戻りを防ぐためです。
逆に考えれば、今歯並びがよい人でも将来悪くならないように、親知らずが歪んで生えている場合はあらかじめ抜いたほうがよいでしょう。

神戸市兵庫区歯科医院をお探しの方は、当院にご相談ください。当院では、歯周病予防も含めた総合的な歯科医療を提供いたします。ご不明な点や心配なことなど、親身になって対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
当院のアクセスは、神戸市営地下鉄湊川公園駅・神戸電鉄湊川駅から徒歩2分、JR神戸駅からも徒歩12分となっておりますので、兵庫区のみならず近隣の方のご来院もお待ちしております。

▲一般歯科のTOPへ

一般歯科 質問

■冷たいものがしみるのは虫歯ですか?

A:虫歯の場合もありますが、歯周病や知覚過敏の疑いもあります。


■歯と歯の間に物が詰まりやすくなってきたのですが、虫歯ですか?

A:表面から見てはわかりにくいのですが、歯と歯の間にむし歯ができて、穴があいて詰まることがあります。また歯周病で歯がぐらぐらしてきて詰まりやすくなることもあります。


■神経をとった歯でも痛くなるのですか?

A:爪は神経がないので、爪を切っても痛くないですね。でも爪がはがれたら痛いですし、爪が化膿して痛くなることもあります。同様に神経がない歯は、しみることはありません。しかし歯には、しみる以外に様々な種類の痛みが起こりえます。


■治した歯でもまた悪くなるのですか?

A:人体は工業製品ではありません。いかに修理したとしても、元に戻ったわけではありません。当然修理したものは、元よりも弱いし、元より悪くなりやすいと思われたほうがよいでしょう。
胃潰瘍で手術した胃と、元の健康な胃が、どちらが丈夫かを考えていただければ、おのずとお分かりだと思われます。
いくら費用をかけて治したとしても、決して神様が作った元の歯に戻ったわけではないことを理解してください。
悪くなった歯は治す必要がありますが、悪くならないように予防するのが一番です。


■治した歯を長持ちさせるにはどうすればよいのですか?

A:胃潰瘍が悪化して手術される方には、何らかの原因があるはずです。手術して一時的に治っても、原因が取り除かれていなければ、再発する可能性が高いでしょう。
同様に、歯及び周囲の組織が悪くなる方には、何かの原因があるはずです。その原因が改善されていなければ、修理しても数年で同じトラブルが起こる、と考える方が自然です。
そのため当院では、再発を防ぐため、治療後にお一人お一人に応じた予防プログラムを用意いたしております。


■ときどき歯が浮いて、ズキズキするのですが?

A:歯周病が進んでいるかもしれません。すぐに歯科医院に行きましょう。


■口を開け閉めすると顎がカクンカクンと音が鳴るのですが、どうしてですか?

A:顎関節症の疑いがあります。音だけならあまり神経質になる必要はないのですが、症状が悪化すると口が開きにくくなる恐れがあります。


■歯ぎしりがあるのですが?
A:歯の障害だけではなく、肩こりや偏頭痛の原因になる場合もあります。マウスピースの治療が有効な場合がありますのでご相談ください。


■肩がこると歯が痛くなるのですか?

A: 肩こりと咬み合わせは関係があります。肩がこるから歯が痛くなることもありますが、咬み合わせから肩が痛くなる場合が多いと、私は感じています。


■口内炎の予防法はありますか?

A:まずは口腔内を清潔にして、ストレスをためない、睡眠や栄養を十分に取ること、を心がけてみましょう。また色の濃い野菜を摂取することも有効だといわれています。
口内炎が毎回同じ場所にできる場合は、その近辺の歯、及び咬み合わせに原因があることが多いので、ご相談ください。


■自分の歯を移植することができますか?

A:さまざまな条件がありますが、やむなく抜歯した歯の場所に、咬み合わせに不要な親知らずなどを移植することができる場合があります。生着率はインプラントより劣るのですが、自分の体の一部を移植できるメリットは大きいので、当医院でも積極的に取り組んでおります。


■親知らずは抜いたほうが良いのですか?

A:上下でしっかり噛み合っている場合は抜く必要はありません。また完全に骨の中にうずもれていて問題がない場合も抜かなくても良いでしょう。でもそれ以外は、手前の歯の寿命
を短くする可能性が高いので早期に抜いたほうが良い場合が多いです。ただ将来的に上記のよう移植に備えて保存しておくことが有利な可能性もあります。高度な判断を求められることが多いので、インプラントや移植などを普段から手掛けている医療機関で診断を受けられることをお勧めします。


■妊娠中に治療して大丈夫ですか?

A:通常の治療であれば大丈夫です。逆に産後に歯科医院に通院することが困難である場合は、妊娠中に治療を済ませるのが、生まれてくる赤ちゃんのためにも良い場合もあります。時期は当然、安定期のほうが好ましいでしょう。
治療内容によっては、もちろん妊娠期間には適さない治療もあります。ご心配だと思いますので、何でもご相談ください。

■子供の歯並びが心配なのですが?

A:早期であれば、床矯正などの簡単な処置で治る場合があります。下の前歯が生えてきて、重なっているようなら、相談されると良いと思います。

■スポーツ用のマウスガードが作れますか?

A:格闘技やアメリカンフットボールの脳震盪の予防用に、従来スポーツ用のマウスガードは使用されていました。また上記のようなコンタクトスポーツ系でなくても、総合的な筋力アップや、回転軸の向上にマウスピースか有効なことは、多くの論文で証明されています。ただ既成の物や自分で調節する物は当然適合が悪く、かえって運動能力が損なわれる場合も多いようです。
専門知識のある歯科医院で、適合の良いマウスピースを作成されることをお勧めします。

▲一般歯科のTOPへ

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ